患者さんへ
  1. HOME
  2. 患者さんへ
  3. 栄養管理の部屋

栄養管理の部屋

仙台医療センター栄養管理室から皆様へ・ご挨拶

食事はいつも、バランスを考えて。

HIV感染者の栄養療法の目的は、感染からAIDS発症までの無症候キャリアの期間、できるだけ体重の減少を防ぎ、日和見感染症を予防し、全身状態を良好に保つことにあります。体重の減少は免疫力に最も大きな影響を及ぼすので、十分な栄養量、特にたんぱく質・エネルギーなどのほか、微量栄養素についても不足しないよう心がけましょう。

ご覧になりたい項目をクリックしてください、食生活のヒントがご覧いただけます。

ご注意

抗HIV薬には食事や飲み物の影響をうけるものがありますので、主治医・薬剤師から説明を受けて下さい。(「お薬の部屋」参照) また、体調がすぐれない時など自己診断に頼らず、主治医に相談しましょう。 (東北ブロックAIDS/HIV情報ページ「ご利用にあたって」を必ずご覧ください)